くろまつと共に往く

知っているとちょっと助かる!そんな情報を紹介していきます

河豚

河豚を食す~ふぐ刺し・ふぐちり・ふぐ皮・ふぐ唐揚げ編~

投稿日:2017年3月20日 更新日:

日本人の8割の人が食べたことがあるといわれる

高級食材の河豚。(あくまでも一説ですが……)

食べたことのある方はどんな料理を食べたのでしょうか。

てっさ(ふぐ刺し)、てっちり(ふぐ鍋)、ふぐ皮、

焼き、唐揚げ、そして白子などでしょうか。

一概に河豚といってもその料理方法は以外と多いのです。

ただよほどの食通か河豚好きな方でもないかぎり

上記の河豚料理ぐらいしか食べたことないでしょう。

今回はこんな河豚料理を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

てっさ(ふぐ刺し)

猛毒テトロドトキシンをもつ河豚。

「当たると死ぬ」ということに引っかけて

河豚のことを「てっぽう」と呼んでいました。

そして「てっぽう」の刺身ということで

ふぐ刺しのことを「てっさ」と呼ぶようになったのです。

てっさの特徴として切り身が非常に薄いということです。

食べたことのない方でもテレビや雑誌などで一度は見たことが

あるでしょう。

絵皿に盛りつけられたてっさは透けて皿の絵が分かるくらい

薄く切りつけられています。

それを一枚一枚取って食べるのではなく、お箸で複数枚まとめて掬って食べるのが

食通の食べ方とも言われています。

何故、てっさは薄く切られているのかというのは理由があり、

ふぐは身が非常に引き締まっていることから、強いゴムのような弾力性があります。

その為、厚く切ってしまうと、その弾力性から噛み切るのが困難になってしまうのです。

そのような理由で、食べる人が美味しく味わえ噛み切ることができる薄さに

しておく必要があるのです。

また、てっさの楽しみは味や食感だけでなく、盛り付けにも同様のことが言えます。

美麗に盛り付けられたてっさは、まるで芸術品であるかのような見た目のものとなっており、

食べるのがもったいないほど綺麗な物となっています。

てっちり(ふぐ鍋)

「てっぽう」のちり鍋で「てっちり」です。

この呼び方は関西地方で比較的使わており、全国的には「ふぐ鍋」や「ふぐちり」

と呼ばれることが多いです。

てっちりをおいしく作るコツとして一番重要なのが、いかにダシを上手に

とるかです。

大体の河豚料理屋さんでてっちりを注文すると昆布と水の入った土鍋と

上身(骨のついていない身)部分と荒身(骨のついている身)部分、

それとザクとよばれる野菜が盛りつけられた鍋材が用意されると思います。

ご自分で鍋を作るときに気を付けることとして、

土鍋に火をかけたら水が沸騰する前に昆布をとることです。

そして次に荒身を入れてください。

荒身を入れたらアクがでてきますので、これをきれいに取り除きながら

丁寧にダシをとってください。

ここが一番大切なポイントです。

あとは野菜を火の通りにくい順にいれて、上身は火が入りしぎないように

最後に入れてください。

このダシのとり方だけきちんとやれば、最後の雑炊までおいしく

召し上がれます。

ただし火加減だけは気を付けてくださいね。

鍋が焦げてしますとすべてが台無しです(ノд-。)

補足ですがてっちりを食べるときは必ず雑炊までやりましょう!

理由は……もったいないからです ~~~(m-_-)m

河豚の雑炊は絶品です。

雑炊を食べたいが為に鍋を食べるという人も多いですから……

ちなみに、河豚雑炊を作るときはほとんど味付けはいりません。

スポンサーリンク

軽く塩で味をととのえる程度にしてください。

そしてお茶碗によそって食べるときにポン酢を少しいれて

たべましょう。絶品です^^

ふぐ皮

河豚のコースを注文すると

ふぐ刺し・ふぐちり・ふぐ皮はどこのお店のコースも

基本ついてくるでしょう。

ですからふぐ皮もかなりの人が食べたことがあると思います。

コラーゲンたっぷりでゼラチン質のコリコリとした食感が、

ふぐの身とはまた違った味わいが楽しめます。

しかし、実はふぐの皮は三層になっており一番内側の

身に最も近い部分の皮を「身皮」と呼ぶのですが、

こちらがまた絶品なのです。^^

一匹のとらふぐで20g位しかとれない希少部位で、

食通もあいだではふぐの身のなかで一番旨いと言うひともいるくらいです。

薬味を加えて普通にポン酢でたべてもいいのですが、

身皮は梅肉と和えるとより旨味が際立ちます

ふぐの上品な甘みと食感が梅の風味と合わさりとても美味しいです。

恐らくなかなか目にする機会はないと思いますが、

もしどこかでメニューに載っていましたら是非注文してみてください。

隠れたおすすめの一品です。

ふぐの唐揚げ

刺身・鍋・皮に次いでふぐ料理で食べたことがあるといったら

「とらふぐ唐揚げ」でしょう。

ふぐ料理の中では人気のメニューです。

お店によって味付けは違うでしょうけど、

どのような味付けでも、あの鶏肉や他の魚とは違う

独特の食感はほんとおいしいです。

ただ、注文するときは使われている河豚がとらふぐか

違うふぐか注意しましょう

ふぐの唐揚げは、さばふぐなどが使用されることが多く

それでも十分おいしいのですが、これがとらふぐになると

味・価格ともに完全に別格です。

さばふぐの唐揚げでも十分においしいので、年に一回くらいしか

河豚を食べないひとには分かりづらいので気を付けてください。

ちなみにとらふぐの唐揚げは

ただでさえ見分けにくい「天然」と「養殖」のちがいがほとんど分かりません。

少なくても価格程の差はないと思います。(あくまでも個人的感想です)

養殖でも十分すぎる程おいしいので、もしそこで悩んでいるようだったら

養殖を注文して余った予算で他の料理を検討することをおすすめします。

それこそ「身皮」などどうですか^^

スポンサーリンク

-河豚
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

河豚を食す~河豚をおいしく食べるための基礎知識~

冬の最高級食材のひとつ「河豚(ふぐ)」! 以前は鍋と刺身のコースだけで10000円以上していたりして、 いまだに高いイメージが強い食材です。 しかし近年養殖の技術も進み流通量も増えたため、 5000円 …

河豚を食す~高級食材ふぐ白子を失敗しないで食べる方法!~

前回ではふぐ刺し・ふぐちり・ふぐ皮など ふぐ料理としては比較的よく知られている料理を 紹介してきましたが、まだまだ知っておきたい スポンサーリンク ふぐ料理はたくさんあります。 今回はそのなかでもとら …

河豚を食す~おいしいひれ酒の作り方、白子酒ってどうなの?~

前回はとらふぐの白子について 長々と紹介させていただきました。 スポンサーリンク 今回は河豚料理のなかでも 少し変わった趣向のものを 紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク 関連

プロフィール



こんにちは!

くろまつです。

日々の生活で知っているとちょっと便利…

などお得な情報を紹介していきます^^

ブラックな飲食店で20年以上働いていた知識も活かした

マル秘飲食店情報もありますよ!

最近のコメント