くろまつと共に往く

知っているとちょっと助かる!そんな情報を紹介していきます

七五三

七五三のお参りはいつからいつまで?やっぱり日にちは大安がいいの?

投稿日:2017年7月15日 更新日:

七五三、誰もが聞いたことのある子供の成長をお祝いする年中行事ですが
意外と知らないことが多いのです。

なんとなく知っているんだけど、あまりにも有名すぎる行事のため
今さら恥ずかしくて聞けないことが多い行事なのでは(^_^;)

特に三歳の七五三なんて生まれて子育てに翻弄されていたらあっという間です。

気が付いたら三歳を過ぎていた、なんてことがないようにあらかじめ
多少でいいから七五三について知っておいた方がいいですよ^^

そこで、まず今回はそんな七五三の「お参りする日」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

七五三のお参りはいつからいつまで?

本来の「七五三の日」は毎年の11月15日なのです。

……知っていましたか?

近年、日にちをずらしてお参りを行う方が増えてきたので
正式な日にちが決まっているなんて知らなかったと言う人も多いのでは。

各家庭のお休みの都合で15日に出来ない人も多いでしょうし、
15日が土日に当たると、神社・写真屋さん・食事処、全てが大変混みあう
ということで敢えて違う日にする人もいるでしょう。

では、七五三のお参りはいつからいつまで可能なのでしょうか。

お参りができるか、できないか、という観点からいえば

「夏でも冬でもいつでもいい」と言えます。

しかし、真夏や真冬での七五三はあんまり一般的ではないですよねぇ(^_^;)

おじいちゃん、おばあちゃんなど年配の方の感覚では七五三は、ずれても
せいぜい10月下旬から11月下旬の間に行うことになっているでしょうからね^^

ただ日にちをずらせれば、ずらすほど神社などは空いてくるので
考えてみる価値はあります。

問題はどこまでずらしても世間的に大丈夫かということですね。

9月に七五三はあり?

意外かも知れませんが、9月にお参りする人は結構いるんですよ^^

ただ、気をつけなければいけないのが9月はまだまだ暑いということです。

残暑の9月前半では暑い衣装は子供にはツライかもしれません。

せめて9月の中旬以降にするか、それか3歳の七五三はやめておいた方が無難です。

幼いお子様に暑さを我慢させるのは、なかなか大変ですからね(^_^;)

12月の七五三はあり?

12月上旬まででしたら全然七五三は大丈夫です。

11月に予定が合わなかったり、不幸が重なったりしてお参りできなかった家族が
12月にずれ込むことは結構あります。

もしどうしても11月のお参りが難しいようでしたら無理せず、12月にずらした
方がいいですよ。

ただ、12月の中旬以降になると忘年会やクリスマスなど、何かと予定が忙しい
時期になります。

おじいちゃん、おばあちゃん達の予定も係わってくる事なので、
なるべく忙しくなる前の12月の上旬までにしましょう。


スポンサーリンク

七五三はやっぱり大安がいいの?

結論からいうと……本来は七五三と大安は関係ないのです。

そもそも「大安」とか「仏滅」など何を意味しているか知っていますか。

普通にカレンダーに書いてあるのですが、それぞれの意味まで気にしたことは
少ないのではないですか。

大安は縁起のいい日で、仏滅はよくない日ぐらいの大まかなニュアンスとして
認識している人がほとんどでしょう。

「大安」「仏滅」「友引」「先負」「先勝」「赤口」のことを総じて六曜と呼ぶのですが
由来としては諸葛孔明が戦を仕掛ける日を占う仙術研究して
発見したものです。(諸説ありますが……)

お参りしてもらう神社と「大安」などの六曜は本来は全く関係ないのです。

しかし、今や日本人独特の考え方で「大安」=「いい日」が定着してしまったので
おじいちゃん、おばあちゃんの世代は気にしてしまう方が多いでしょう。

そのために11月の土日で大安は、人気のある神社では七五三の祈祷待ちの方が
溢れてしまうという状況になってしまうのです(^_^;)

本来は六曜と七五三は関係ないので仏滅でも赤口でもいいんです!
(六曜では赤口は血を連想するため、祝い事は大凶になっています。)

逆にこの日は空いているので、あえてここを選んで日を決めている人も
近年増えています。

しかし、七五三は自分の家族だけではなく、
父、母、義父、義母、兄弟や親戚までも関係してくるときがあるので、
そういった方々に説明して理解してくれないと日が悪いときに七五三を
祝うのは難しいでしょう。

ただ、そういった問題がクリアできればお参りも空いていて結構いいですよ^^

七五三のまとめ

本来の「七五三の日」は11月15日です。

大安だろうと、仏滅だろうと、赤口だろうと……

本当はこの日にみんなお参りすることになるので
このことからも七五三と六曜は関係ないとわかりますね^^

ただ、それでもどうしても「日がいい」日を選びたいというのも分かります。

可愛いお子様のために、根拠はあんまりないかもしれませんが”験担ぎ”
はしたいですものね。

「日がいい」日を選びたいときは早めに予定組んで、早めに準備することを
おすすめします。

スポンサーリンク

-七五三
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

七五三の神社はどこがいい?予約するべき?予約なしでも大丈夫? 

前回の記事「七五三のお参りに行かない?参拝だけで祈祷はいいの?祈祷の金額は?」で 七五三をやるからには、宗教上の理由でもない限り、神社にお参りした方がいいですよ と紹介しました。 しかし、いざ「お参り …

七五三のお参りに行かない?参拝だけで祈祷はいいの?祈祷の金額は?

ご自分の幼少時代をよ~く思い出したください 七五三にお参りに行った記憶残ってますか? なかには鮮明に記憶している方もいるかもしれませんが、 七五三でお参りしたかどうかまで覚えているひとは、 ほとんどい …

プロフィール



こんにちは!

くろまつです。

日々の生活で知っているとちょっと便利…

などお得な情報を紹介していきます^^

ブラックな飲食店で20年以上働いていた知識も活かした

マル秘飲食店情報もありますよ!

最近のコメント